「東南アジア研究の国際共同研究拠点」(IPCR)は、東南アジア地域研究研究所が発行する二つの学術誌(和文誌『東南アジア研究』と英文誌 Southeast Asian Studies



2021年度の共同利用・共同研究拠点「東南アジア研究の国際共同研究拠点」の年次研究成果発表会を下記の要領で実施いたします。 令和3年度(FY2021)東南アジア地域研究所共同利用・





2021年度 共同研究および、出版の公募を開始しました。 詳細はこちらをご覧ください。 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/20201-koubo/


2020年度の共同利用・共同研究拠点「東南アジア国際共同研究拠点」の年次研究成果発表会を下記の要領で実施いたします。 令和2年度(FY2020)東南アジア研究所共同利用・共同研究拠


令和1年度 「東南アジア研究の国際共同研究拠点」共同研究・公募出版 採択課題 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/20200615-2/


研究概要 2019 年度より始まったIPCR タイプIV(萌芽型)共同研究「移民・難民の表象分析と多様なアクターによる映像実践──アジア・アフリカにおける比較研究──」(代表:王柳


研究概要 2019 年度からIPCR タイプIV(萌芽型)共同研究「移動者がホームにもたらすもの──中国と東南アジアにおける人口移動と送り出し社会の変容──」の代表者をつとめる堀江


研究概要 2017-2018 年度にIPCR タイプIV(萌芽型)共同研究「1960-70 年代カンボジア王国におけるプレック・トノット多国間電力開発灌漑計画の形成史に関する研究」



2020年度 共同研究および、出版の公募を開始しました。 詳細はこちらをご覧ください。 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/open_recruitm






令和1年度 「東南アジア研究の国際共同研究拠点」共同研究・公募出版 採択課題 https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/r1_saitaku_kadai/